電子計測器についての情報がいっぱい!

当サイトでは、電子計測器におけるさまざまや機能や使い方、業界のあれこれをまとめてご紹介いたします。
計測する際に不必要な情報が入ってしまうノイズの種類と対策、収集可能なデータの種類、測定カテゴリ、ネットワークアナライザについての解説など幅広くご紹介していきます。
計測器の使い方だけではなく、計測器産業の市場の、現在や今後の事についても触れていきます。
これから初めて計測器を使い始めるという方も是非ご覧ください。

電子計測器のノイズの原因と対策

電子計測器のノイズの原因と対策 電子計測器を使っていて、本来測定したいものを邪魔してしまう入力信号の事を「ノイズ」といいます。
これにはさまざまな原因があり、対策方法もそれぞれで異なります。
これらの発生源には主に自然のものと人工の物が存在します。
自然の代表例は雷放電、太陽雑音など自然界に存在するものです。
人工は基本的に電気を使う機器は、多かれ少なかれ電磁エネルギーを発しており、それがノイズになります。
まず自然のものには、電磁波シールドフィルムが効果的です。
電子計測器をフィルムで覆ってしまい、余計な外来信号が入ってこないようにできます。
次にスイッチを使っている電子機器は、電源ラインを通じて給電するデバイスに伝道してしまいます。
これらの対策にはフィルタ構成やノイズ遮断用のコンデンサを仕込むことにより改善されます。

電子計測器の一つ周波数特性分析器の使い方について

電子計測器の一つ周波数特性分析器の使い方について 電子計測器というと、デジタルテスターやオシロスコープといった比較的利用度が高いものをイメージされる人も多いのではないでしょうか。
デジタルテスターは電圧や電流といった電気的な変化を知ることができる、オシロスコープは電圧の変化を波形といった形で観測ができる電子計測器で、データを取得することとで分析を行うときにも役立ちます。
これに対して、周波数特性分析器は特定の周波数に対して応答の有無を調べるときに使う電子計測器もあり測定においてのダイナミックレンジが広く、高精度な測定を実現できることや低周波数の測定が可能になるなどの特徴を持ちます。
周波数特性分析器は正弦波と呼ぶ信号を被測定物に与えることで、その周波数の応答を求めるための電子計測器です。
FRA(Frequency Response Analyzer)と呼ばれることも少なくありません。
なお、ダイナミックレンジとは識別可能な信号の最小値と最大値の比率をいうのことを意味するものですが、測定時のダイナミックレンジが広いことでより正確な値を知ることができます。
ちなみに、オーディオ機器のダイナミックレンジは音や映像など、信号の大きさの範囲を表す指標として使われます。

ファンクションジェネレータについてもっと調べる

もっとファンクションジェネレータを知りたい

新着情報

◎2020/10/9

情報を収集できるウェブサイト
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

PCと物理的に接続を行う
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「計測 周波数」
に関連するツイート
Twitter