PCと物理的に接続を行う

PCと物理的に接続を行う

PCと物理的に接続を行う 電子計測器の大きなメリットは、PCに接続を行うことでコマンドを送信したり、データを受信することができる点で優れています。
大抵は電子計測器側に制御インターフェースを持っているのが一般的で、どれを利用するかは事前に決めておく必要があります。
その制御インターフェースでは、電子信号による返り値をPC側にデータで送る上でも重要なものです。
計測は主に数値データで視覚的に表現されるようにしますが、PC側では返り値のデータをどのソフトウェアによって処理させるかも大切になります。
その理由には返り値を人間が判断できるように加工するのは、ソフトウェアが必要不可欠だからです。
ソフトウェアはプログラム言語で作成され、例えばVisualBasicやExcelVBA、C言語などのプログラム言語が存在します。
それによって書かれたプログラムを起動させることで、返り値が人間でも意識できるデータ化になります。
電子計測器とPCは物理的に接続するだけでなく、実際に電子計測器から得られる返り値をどのように加工するかのソフトウェアの役割もポイントです。

電子計測器・スペクトラムアナライザの解説

電子計測器・スペクトラムアナライザの解説 スペクトラムアナライザとは、高周波信号(電波)の周波数成分を計測して表示する電子計測器です。
高周波信号の時間領域における波形と、周波数成分の分布(スペクトラム)を表示する機能があります。
高周波用以外に、低周波用のものもあります。
スペアナと略されて呼ばれることが多いです。
機器の使用用途は、高周波用は無線機の点検や修理、電界強度やノイズレベルの測定などです。
低周波用は騒音測定などに使用されます。
解析の際は、時間軸ごとの波形測定に特化したオシロスコープと、周波数成分を解析できるスペクトラムアナライザを使い分けることもあります。
電波用途以外には、AC電力の解析にも使用されます。
動作方式はローカルオシレータで周波数を変化させる「同調掃引」と、周波数信号をデジタル変換して解析する「FTT方式」の2つです。
機器の種類には、電子計測器そのものに周波数特性などを表示するものと、パソコンなどに接続して端末側のディスプレイで表示するものがあります。

新着情報

◎2020/7/10

PCと物理的に接続を行う
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「電子計測器」
に関連するツイート
Twitter