メーカー別のシェアを知る効果的な方法

メーカー別のシェアを知る効果的な方法

メーカー別のシェアを知る効果的な方法 電子計測器は従来は非常に高度な技術を用いなければ開発をすることができないものとなっていたため、これらの装置を作ることができるメーカーは限られ、そのシェアも独占的なものとなっていた傾向がありました。
しかし現在ではコンピューター技術が発達したことと、様々なセンサーの能力が高まったことから多くのコンピュータメーカーが参入したことにより、そのシェアは非常に流動的なものとなっているのが特徴です。
従来は参入していなかったところも電子計測器を製造するようになっており、毎年変化する要素も非常に多くなってきました。
そのため非常にわかりにくいものとなっているのが実態です。これらの情報を迅速に知るためには、電子計測器の様々な性能を評価している団体が発行する情報をその都度チェックするのが有効となっています。
これらの情報はホームページ等でも発表されているため、そのホームページを閲覧することで比較的簡単に調べることができるようになっているのがポイントです。

電子計測器である赤外線放射温度計のメリットとデメリット

電子計測器である赤外線放射温度計のメリットとデメリット 電子計測器には様々な種類がありますが、赤外線放射温度計には多くのメリットがあります。
まず感温部がそれほど高温にならないため、耐熱性の消耗品が少なくなるのでコストが削減されます。また非接触温度計であるので、被測温物体の温度を乱すことがなく、正確な数値を測ることができます。
この非接触であるという点は、回転体や移動している物体の表面温度を測ることにも適しています。
さらに、熱電温度計で測れない高温の物体も測定できますし、応答時間が速いというメリットもあります。
ただし、当然ですがデメリットも存在します。最大のデメリットは、正しい温度が測定できる物体は黒体のみという点です。
黒体以外では、放射率を用いて補正しなければなりませんが、かなり手間がかかります。
他にも、たとえ黒体であっても表面温度しか測定できず、反射鏡やレンズのくもり・汚れによっては実際よりも低い数値で測定されることがあります。
こうしたメリットとデメリットの両方をしっかりと理解した上で、電子計測器を選ぶことが大切です。

新着情報

◎2021/1/18

メーカー別のシェアを知る方法
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

情報を収集できるウェブサイト
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

PCと物理的に接続を行う
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「計測 メーカー」
に関連するツイート
Twitter